看護師にとって美容外科は働きやすい?



病院勤務を経験し、次は美容外科で働いてみたいと思う看護師の方も多いのではないでしょうか?美容外科では美容に関する施術を扱うため、精神的にも負担の少ないイメージがあります。

美容外科では魅力的な点も多くありますが、想像しているより大変な面もあります。

今回は、美容外科看護師の仕事内容、メリットやデメリット、転職前に知っておきたいことについて紹介します。


美容外科看護師の仕事内容は?



美容外科では、美容に関する施術が行われます。美容外科で働く看護師は、具体的にどのような業務を行うのでしょうか?また、病院勤務との違いなども確認しましょう。

1.医師のサポート業務

美容外科では、美容整形・レーザー脱毛・シミ取り・脂肪吸引などの施術が行われます。オペが頻繁に行われるクリニックもあれば、全く行われないところもあります。

医師のサポート業務では、美容整形やレーザー脱毛などの介助を行います。施術に使う専門機器の使用方法などを覚える必要があるでしょう。

2.患者への接客業務

接客業務では看護業務以外の仕事を任されます。病院で働く看護師とは違い、よりサービス性を求められることが特徴です。受付や会計、電話応対などの事務的な業務を担当します。

他には、患者へのカウンセリングやアフターケア業務、クリニックで取り扱っている化粧品の販売なども行います。美容外科で働く場合、患者の方をお客様といった目で見て接することが大切になります。


以上、美容外科看護師の仕事内容について紹介しました。以下では、美容外科で働くとどのようなメリットがあるのか見ていきます。


美容外科看護師のメリットは?



美容外科では、働きやすいと感じる点がいくつかあります。具体的に、どのようなメリットがあるのでしょうか?

1:夜勤がなく残業も少ない

美容外科では基本的に夜勤がありません。夜勤がある場合でも、病院勤務ほどのハードさはないため生活リズムを崩す心配もないでしょう。

また、美容外科は予約制のため、残業時間が少ない点もメリットの一つです。長時間勤務になりがちな看護師にとって、プライベートの時間を確保しやすい美容外科看護師は魅力的だと言えるでしょう。

2:高い収入が得られる

夜勤がない美容外科看護師ですが、日勤のみでも高収入を得ることが出来ます。最低でも月30万円の収入を得られたり、中には月収50万円以上の収入を得る美容看護師もいます。

高収入が得られる理由は、美容外科での支払いが自由診療となることです。美容外科で扱う施術は美容を目的とするため、保険適用外となります。患者の方は全額を支払う必要があるため、売り上げが高くなります。


施術内容によっては保険が適用されることもありますが、施術の方法が限られてしまうため自由診療を選ぶケースが多くなっています。

このように、売り上げに合わせた収入が期待できるため、美容外科看護師は日勤のみでも高い収入を得られます。


以上、美容外科看護師のメリットについて見てきました。一見、美容外科での勤務は良いことばかりに思えますが、デメリットもあるのでしょうか?


美容外科看護師のデメリットは?



美容外科で働く場合も、デメリットはあります。転職の際に後悔しないためにも、きちんと確認しておきましょう。

1:スキルアップしにくい

美容外科看護師は病気やケガに対する医療業務は行わないため、病院で働く看護師に較べて負担は少ないでしょう。しかしその反面、看護師としてのスキルを習得しにくいと言えます。

看護師としての技術を向上させる機会が少ないため、美容外科での業務が物足りなく感じることもあります。

2:ノルマによるストレス

クリニックによっては売り上げのノルマが課せられているところもあります。患者の方へより高い料金の施術を勧めたり、化粧品の購入を促したりする必要があります。

そのため、営業的な仕事は向いていないと感じる看護師には負担になりやすいでしょう。


以上、美容外科看護師のデメリットについて紹介しました。以下では、美容外科に転職する前に知っておきたいことについて見ていきます。


美容外科看護師になるため知っておきたいことは?



美容外科看護師になるには、どのようなスキルが必要なのでしょうか?また、転職にあたって注意したい点を紹介します。

美容外科看護師になるために必要なこと

美容看護師になる条件として、臨床経験1年以上を挙げているところが多いです。美容外科では美容整形などの手術を行うため、外科やオペ室での経験が役に立ちます。

また、美容外科看護師はコミュニケーションスキルも大切になります。美容外科では患者さんをお客様として見て接するので、わかりやすい説明など丁寧な接客を行う必要があります。そのため、ビジネスマナーも重視されるでしょう。


この他に、看護師の外見に対する印象も重要になります。美容外科は美に関する仕事を行うので、若い看護師の方が就職に有利になります。

転職における面接では、こういった点や身だしなみに気を配ると良いでしょう。

転職する際に注意したいこと

美容外科看護師の雇用形態は、ほとんどが正社員です。そのため、アルバイトやパートで短時間の勤務を希望する方には難しいかもしれません。

また、ゴールデンウィークや夏休みなどの長期休暇は美容外科の繁忙期となるため、休みが取りにくくなります。家族や友人との休暇がずれてしまう可能性もあるので、休暇について確認をするようにしましょう。


加えて、転職時にはノルマに関する条件を確認するようにしましょう。売り上げに対し厳しい条件があると負担は大きいですが、売り上げに合わせて報奨金が出る程度のものであれば、苦痛に感じにくいでしょう。

営業的な業務はどうしても避けたい方は、ある程度収入が低くてもノルマのない職場を選ぶようにしましょう。


転職の際に、ノルマの有無や内容を聞きづらいという方も多いはずです。そのような場合は、転職サイトのコンサルタントに相談するのがおすすめです。

コンサルタントは職場環境についての情報を知っているので、希望する職場のノルマについても詳しく教えてくれます。また、営業的な仕事の無い美容外科で働きたいことを伝えれば、希望に近い求人を紹介してくれるでしょう。


今回は、美容外科看護師について紹介しました。メリットやデメリットなどを踏まえた上で転職活動をすれば、転職後も後悔することなく美容外科看護師として活躍できるでしょう。

まとめ

  • 美容整形やレーザー脱毛などの施術で医師のサポートをする
  • 受付や患者へのカウンセリング、化粧品の販売も行う
  • 夜勤がなく残業も少ないが、高収入を得られるのがメリット
  • デメリットは、スキルアップしにくく売り上げのノルマが課せられること
  • 美容看護師への転職では、臨床経験やコミュニケーションスキルが役に立つ
  • ノルマについてなど、転職サイトのコンサルタントに詳しい情報を聞くことが出来る



美容外科看護師の基礎知識



美容外科・美容皮膚科の看護師として働く上で、知っておいた方がいい基礎知識について紹介します。

美容外科看護師に転職したい!



美容外科・美容皮膚科への看護師転職を考えている方へ、知っておいた方がいい予備知識について紹介します。

看護師、その他記事



ここでは、美容外科看護師以外の、看護師関連の記事を紹介します。

このページの先頭へ